乳製品を使わない「ベジタブルクッキング」アレルギー・ダイエット・ビーガンを応援

menu

咲夜きっちん

キライ克服:人参トマトソース

ニンジン・トマト嫌い克服

野菜嫌いの代表にも入ってしまう
「人参・ピーマン・トマト」

私も子供時代は苦手でした
今では『おいしい』と感じるのに…なんでだったのでしょうねw

ということで

嫌い克服メニュー ٩( ”ω” )و

トマトとニンジンのソースをご紹介したいと思います

名付けて【キャロっとまと】 (つける必要あんのかな?w) 

材 料

ニンジン     1/2本(100g)
トマトジュース  100cc
てん菜糖     ふたつまみ
塩        3g 
(トマトジュースが有塩なら 味を見ながら調節してね)

しょうゆ     小さじ1(4~5cc)
ひまわり油    10g
ナツメグ     1フリ 
パセリ      3フリ

 

1)ニンジンを1/2本(100g)の皮をむき小さめに切って

簡単に楊枝が刺さるくらいまで茹でます

注)茹で汁やアクに苦手なニンジン臭さがつまっていますので茹で汁は絶対に使わないでくださいね
(好きな人にとってはウマミでもあるんですけどね)

3)茹でたニンジンを軽く洗って

トマトジュース  100cc
てん菜糖     ふたつまみ
塩        3g
しょうゆ  小さじ1/2 (2~3cc)
ひまわり油    10g

 

 

 

4)ここまでの材料を
合わせてミキサーかフードプロセッサーで
ガーします (撹拌してくださいw)

 

 

5)2~3分 火にかけながら
ナツメグ 1フリ 
パセリ  3フリ  を加え

プクプクしてきたら出来上がりで

 

ハンバーグにかけて こんな感じになります (さらにパセリを)

 

咲夜ポイント
ハンバーグの独特な 味やにおいは
「ナツメグ」が主にっているようです
人参ソースにもナツメグを入れることで
味に一体感をだし、ニンジン臭さが
分かりにくくなるんです

 

 

「ナツメグ」の他にも「セロリ」「オレガノ」
    なんかに変えると他のお料理にも使える幅が広がります

もちろんトマトの缶詰や 生のものを使うのも良いんですが
手間も省けるし とにかくお安い😊


あと意外にも お料理にはジュースの方が使いやすかったり栄養価も高いようです

ちなみに・・・トマト嫌いさんの5人中4人
ニンジン嫌いさんには5人中5人◎を頂きました🎉

以前出した動画「大豆ミートでミートソース」でも
トマトジュースを使っています

合わせて参考にしてみてくださいね

 

※ひまわり油は生食でも臭みがなく素材をマイルドにしてくれる効果があるので、そこもポイントになるかもしれませんね

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)