乳製品を使わない「ベジタブルクッキング」アレルギー・ダイエット・ビーガンを応援

menu

咲夜きっちん

小豆

ニコニコ動画で「駄菓子菓子祭」に出した動画
でっかい あずきバーが食べたくて 以来

すっかり

あずきにはまってしまい

というもの・・・
なんか いろいろ調子が良いの (^・^)d

小豆の煮方を教えて頂いたご近所のお婆ちゃまも
「血糖値、下げなきゃ」って

けど糖尿病なのに砂糖を入れてアズキを煮てたな~

なのに「血糖値、下がるの?」

で、改めて「あずきの効能」なんかを調べ始めてみた

・サポニン
・ビタミンB群(特にビタミンB1が豊富)
・ビタミンE
・カリウム(利尿効果)
・リン
・マグネシウム
・カルシウム
・鉄分(ほうれん草の2.7倍)
・亜鉛
・銅
・植物性タンパク質
・食物繊維(水溶性&不溶性)

と こんなに!(ぅ~正直よくわかんないけど)

栄養いっぱい

どうやら この辺がポイント⁉

1、ビタミンB1・B2は、糖質をエネルギーに変えてくれる効果

筋肉内に糖質が蓄積して脂肪を燃やし代謝がUP
太りにくい体質してくれる
(不足すると精神不安定とか口内炎や皮膚炎も)

2、利尿作用のあるカリウムむくみスッキリ

ついつい冷たいものやビールを飲みすぎちゃう夏にはgoodだね

3、サポニンこれはあずきの皮に多い成分

血液をサラサラにする効果や便秘の解消・中性脂肪に良いみたいで

脂質の代謝がスムーズになるんだって、脂っこい料理の前にとっておくと良いかも

そんなこんなで血糖値を下げたいお婆ちゃまも 「あずき」だったんだねー

私は朝食をあずき置変えにしてみたら なかなか快調(快腸)
二週間で2キロスリムになった(^.^)v

☟こうやって小分けにして冷凍保存しておくと、いつでも使えて便利だよ

「凍ったまま会社へ持ってってカップスープの素を熱湯と注いで
4キロのダイエットに成功しました」というブロガーさんも居たよ
もちろん凍ったままシャーベットとしても食べられる

他にも、疲労回復、肩こり、筋肉痛、だるさ、夏バテにも良いんだって
この夏は、あずきダイエットが良いかも

注)糖尿病の方・アレルギー・腎臓病などでカリウム制限を
受けている人は、必ず主治医や薬剤師に相談するのも忘れないように。

参考:
「腸をきれいにする 奇跡の煮あずき」 ムラキテルミ
「あずきのチカラはこんなにすごい」 加藤淳

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

咲夜レシピの定番