乳製品を使わない「ベジタブルクッキング」アレルギー・ダイエット・ビーガンを応援

menu

咲夜きっちん

モリンガって な~に~?

最近ちょっと手抜き料理しちゃった時に

「栄養のバランスとかって大丈夫かな?」

って思ってたところに出会ったのがスーパーフードの【モリンガ】

 

今回はその【モリンガ】効能が とにかく驚きって話です

まずは~スーパーフードって言われる通りの栄養を~ズラズラ~っと

アミノ酸=黒酢2倍
ビタミンA=人参4倍
ビタミンC=オレンジ7倍
ポリフェノール=赤ワイン8倍
食物繊維はレタスなら28倍 
ビタミンEは卵の96倍
GABA(ギャバ)=発芽玄米30倍
タンパク質=卵の1.5倍
鉄分=ほうれん草30倍
カリウム=バナナ15倍
カルシウム=牛乳20倍

などなど…って90種類にも及ぶ栄養

とにかくスゴイわけなんだけど、ここで

咲夜が選ぶベスト5

第5位:ポリフェノール=赤ワイン8倍
 動脈硬化予防や体内のサビ、活性酸素を取り除いてくれる
 というポリフェノールはなんと赤ワインの8倍

第4位:GABA(ギャバ)=発芽玄米30倍
 ストレスにはGABA(ギャバ)といわれていますよね
 生理前症候群改善・精神安定作用 ほかにも鎮静・血圧安定効果などなど

第3位:鉄分=ほうれん草30倍
 鉄分と言えば女性は積極的にとった方が良いと言われているんだけど
 その多くはレバー、赤身の肉、貝、魚などの動物性からがほとんど。
 それが【モリンガ】ならなんと ほうれん草の30倍

第2位は~カルシウム=牛乳の20倍
 近年、牛乳は何かと問題も多く…でもその一方でカルシウム摂取、そう
 骨粗しょう症予防に飲まなきゃなんて方も多いのでは? ですが牛乳は
 その分脂質も多いので、別の部分で気になっちゃう
 そうなってくるとモリンガがベストかな

そして第1位は

レタスなら28倍という食物繊維
 アレルギー・便秘など とにかく体質改善にはデトックスが大事
 そこで食物繊維が大事ってわけで、このモリンガなんと
 ゴボウと比べても5倍 レタスなら28倍にもなるそうなんです

私が愛用中、Twitterでもご紹介したのがコレ⇩

やっぱり国内産&オーガニックが良いな~って方は⇩

もちろんオーガニック~だけどコスパも抑えたいって方には⇩

 

※ただ注意しなきゃいけないのが
妊婦さん・また他サプリメントを取っている時は過剰摂取になって副作用が出ることもあるそうなので、気を付けなければいけませんね。もちろん持病などでお薬を飲んでいる時は必ず主治医薬局薬剤師さんにご相談するようにしましょうね

日本でも温暖な九州や沖縄では栽培がされているようですが
原産地であるインド・アフリカでは生命の木・森のミルクと言われるほどの
スーパーフード【モリンガ】
について忘れちゃわないように の備忘録でした

モリンガを使ったレシピは、また別の機会に(^.^)/~~~

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

咲夜レシピの定番