乳製品を使わない「ベジタブルクッキング」アレルギー・ダイエット・ビーガンを応援

menu

咲夜きっちん

リンゴのコンポート

リンゴのコンポート

フルーツがお高い時期でもコンポートにしておくことで
いつでも手軽に食べられ 毎朝のスムージーやヨーグルト
おやつとしてにも すぐ出せて便利 紅茶のお供にも良いんですよ
傷リンゴなどでも煮てしまうことで問題なしとっても美味しくいただけます

材料と作り方です
傷 リンゴ       2~3個
ハイビスカスティー   1回分(ティースプーン山盛り1)
ローズヒップティー   大さじ1
てん菜糖        80g
塩           ひとつまみ
水           適量

 まずリンゴはお湯で表面のワックスを取り除いてやります

「皮は むくから大丈夫」と思われるかも
しれませんが 皮をむいてる間に包丁・ナイフに
ワックスが付いてしまって 
せっかく皮をむいても 
リンゴの実にくっついてしまうので

是非、湯洗いおすすめします

実は 野菜たちも お風呂が好きなんだそうです

皮をむいたら、小さ目に切り
てん菜糖 80gをなじませておきます

煮る時間に多少差が出ますが
後で使いたい形
(スライスやブロック)
などにするのもイイですよ

ローズヒップ
大さじ1

ハイビスカスティー 
ティースプーン山盛り1


水は リンゴが浸かる量を鍋に入れ煮詰めていきます

途中で塩をひとつまみ

 

 

 

 

水分がなくなってくると
発色が良くなってきます

こがさないように
煮詰め続け 水分が
なくなってきたら が目安です

 

 

バットなどで 粗熱をとって完成です

 

 
 

通常、煮ることで色が悪くなりがちなリンゴ 
酸化防止にクエン酸やレモン果汁を加えたりしますが
ハイビスカスティーとローズヒップで発色もよく
なおかつビタミンⅭ、そうあえてクエン酸のような酸化防止剤を入れなくても 

効率よくビタミンⅭを取ろうというコンポートです

※ローズヒップは実にかなりのビタミンCがあるので そのまま使いましたが 
口当たりが気になる方は お茶を入れるように抽出して使ってね

もっと煮詰めていくと、ジャムのようにもなりますし
このまま食べても とても美味しいので ヨーグルトや
パンケーキの添え物にもぴったりです

コレを使ったメニューもまたの機会に紹介しましょうね🍎

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)